マユゲパン概要


『パン屋ごっこ』改め『マユゲパン』

マユゲ
マユゲ

パンを作るべし!と。突然、何かが降臨し、パンなぞ焼いたことも、習ったこともないのに、いきなり本を参考に1ヶ月かけて自家製酵母、サワー種を作成(なぜ酵母から作り始めたかは不明)。

で、酵母という生命 (?) を誕生させてしまったのが運のつき。週1でエサ(全粒粉+水)を与えないと死んでしまうのだが、与えると増える=使わないと減らない=減らすためにパンを作る。という悪循環に陥り…もはや、酵母を生かすのが目的か、パンを作るのが目的か。いや、物事に目的なぞ必要だと誰が言った?そこに山があるから…ならぬ、そこに酵母があるから〜、と。はて、いつまで続くのかしら?というかんじで『パン屋ごっこ』としてスタート。

タケシ
タケシ

という『こっご』もののはずだったのだが〜、未だに続いているので『ごっこ』改め『マユゲパン』に。

2015年、ライ麦酵母を誕生させ(←こっちのほうがよかった)、それまで生き続けた酵母にサヨウナラ。石臼も手に入れ粉を挽いている。

2014年に助手のフレンチブルドッグ「タケシ」を終身雇用。看板犬として働いてもらっている。


そして〜、未来のマユゲパン、目指すところはこんな感じ↓

マユゲファーム
マユゲファーム
ヤギも飼いたいね。
ヤギも飼いたいね。